介護分野において外国人(特定技能人財)採用を今、始めるべき理由

介護分野において外国人(特定技能人財)採用を今、始めるべき理由

外国人ならばいつでも採用できると考えていませんか?

(介護外国人財は取り合いになります)
介護の業務は、海外でも人気がありません。今は、新型コロナウィルスの影響で人気の飲食業や宿泊業の募集がないため、介護を選択する人が多いですが、コロナウィルス問題が落ち着き、飲食業、宿泊業などの人財採用ニーズが戻ってくればそちらに多くの人財が流れます。日本に招聘する人財数は増加しますが、介護への応募率は現在より確実に減少することが予想されます。

その時点だと、多くの介護事業者様が募集を開始しているため、介護希望者の中での取り合いが激しさをましているものと思います。

また、現在は3年の技能実習を終えても、飛行機がとばないので帰国できない人が多いので、現在募集のある介護で継続して働くことを希望する方が多いです。ただし、これも飛行機で母国に帰ることができるようになれば、帰国する人が増えます。

帰国後に来日しようとすると、飲食業、宿泊業など他の選択肢もあるため、介護を選択する人が減ります。仮に介護を選択したとしても、母国の送出し機関を通じて紹介を受けることになるため、高い費用を払って日本に招聘することになります。

(今なら将来のリーダー候補を安価に採用できます)
今なら日本語が上手で、日本のマナー、ルールや価値観を理解している人財を安価に採用できます。近い将来、介護外国人財の取り合いになり、充分な日本語レベルにない人財を採用した場合でも、今回、採用した人財がリーダーとして指導することができます。

このような視点を持っている介護事業者様は、既に日本に住んでいる外国人(特定技能人財)の採用を積極的に実施しています。

今、始めることを強くおすすめします。

PageTop