介護分野において在日の外国人(特定技能人財)採用をおすすめする理由

介護分野において在日の外国人(特定技能人財)採用をおすすめする理由

外国人(特定技能人財)といえば、ベトナムや中国など海外から人財を招聘するものとお考えの方が多いと思います。ですが、今なら、日本に住んでいる外国人(特定技能人財)を採用することが可能です。

日本に住んでいる外国人(特定技能人財)をおすすめする理由は次の通りです。
・日本語が上手であること(日本で就学・就労経験あり)
・日本での生活経験があり、マナーや価値観を理解している方が多い
・紹介費用が海外から招聘するより安価(渡航費もかからない)
・すぐに面接、採用できること(海外からだと6ヶ月はかかる)

介護ではコミュニケーションが大切です。日本語が上手で、日本のマナーや価値観を理解している方を採用することはとても重要です。

今は、新型コロナウィルスの影響で帰国することができない方が多いため、日本に住んでいる外国人(特定技能人財)を採用することができます。

このような状況なのに、日本語レベルが十分でなく、日本での生活経験がない人財を高い費用をかけて海外から招聘する選択は必要でしょうか?

PageTop