戦略人材として、外国人を採用してみませんか!

戦略人材として、外国人を採用してみませんか!

日本で働く外国人労働者数(2017年10月末時点)は約127万人。これは、全就業者数の約2%を占めています。
つまり、「50人に1人は外国人労働者」
ということです。

飲食店やコンビニ等、多くの外国人労働者を目にする機会は多いものの、これほど多くの外国人労働者がいるとは思っていない方が多いのではないでしょうか。

おうおうにして人財不足に悩む多くの企業を中心に、外国人でこれを補っているのではと思いがちですが、実は売上拡大に繋がるような幅広い領域で活躍しているケースが多々ありますので、今回はこれについてお伝えしたいと思います。

大きく整理すると以下の3点になります。
①海外への販路拡大・新規顧客獲得
②外国人としての異なる視点からの商品(製品)・サービス開発
③海外企業と連携した新しいビジネスモデルの構築


①人口減少に伴い多くのマーケットが縮小傾向にあり、多くの企業で海外への 進出・販路拡大が急務となっています。現地の言語に堪能、かつ現地マーケットに精通した外国人を採用し、海外展開を図る例は多いです。大企業に限らず多くの中小企業でも積極的に進めています。
② 日本人とは異なる価値観、視点から商品(製品)・サービスに外国人が取り組む例も増えています。また、進出先国に合わせた商品・サービス開発も行うなど、応用範囲も広がっています。
③海外現地法人との連携により、商品開発工程の分業化や平準化、時差を利用した開発スピードの短縮化・顧客対応時間の延長等、新たなビジネスモデル構築への取り組み事例も増加しています。

このように、外国人労働者は、いろんな分野で活躍しています。

単なる人財不足を補うための採用ではなく、新たな価値作りのための採用も拡大しています。


貴重な戦略人材として、外国人の採用を検討してみたらいかがでしょうか。

PageTop